フローズン・タイム


フローズン・タイム [DVD] cashback
 2006年/イギリス
 監督 ショーン・エリス
 出演 ショーン・ビガースタッフ、エミリア・フォックス
    ショーン・エヴァンス、ミシェル・ライアン




写真家が監督脚本の映画。
という事で、映像美を期待して拝見しました。
結果、映像美どころか脚本も面白い!そして、かなりロマンチックな映画でした。

美大生のベンは、別れた彼女の事が忘れられずに辛い日々を過ごしている。
不眠症になり、余計に辛い夜を何とかしようと、深夜のスーパーマーケットで働き始める。
不眠症が悪化したせいか、ある日、ベン以外の全ての時間が止まってしまう。
時間の止まった世界の中で、ベンは美しい女性達をスケッチし始める。

写真家や画家は、時間が止まって見える。
というけれど、「実際に止まった世界の中で、ひたすらスケッチをする」とは、面白い発想をするなーと感心した。ある意味深い。しかも興味深い。と思いました。
その止まった世界は日常なのに、美しい。
静止の美学とゆうか。止まって見える事の美しさというか。
写真家や画家があえて止まった世界を表現しようとするのは、こうゆう事なのか。と妙に納得してしまいました。
監督が写真家なので、その美学が絶妙に表現されてる気がします。

彼女と別れ傷心のベンは、のちに新しい恋に出会いますが、この恋の行方も、物語のテンポも、私的にはズバンっ。とはまった映画です。
もう数回は観たい。



trailer



拍手する
posted by iruyak at 2009-01-18 01:44 | Comment(2) | TrackBack(0) |  ≫ は行
COMMENT
こんにちは。早速、私も観ました。

テンポがよくて、最後まで引き込まれっぱなしでした。
ベンが静止した世界でスケッチをしているシーンはとても興味深くて面白かったです。

改めて、なぜ自分が撮りたいのかとか、撮る瞬間の感情を客観的に見せてもらった感じで、「なるほど」と納得させられました。

出演者はみんなキュートでファンになりました。特に監督のことはもっと知りたくなりました。
∞ Posted by shicako at 2009-01-26 13:21
>shicakoさん

びっくり。意外な人からコメントが。
ありがとうございます。

でしょ。写真をやってる人間にはかなり興味深い映画やと思います。私もああいう静止の世界に紛れ込みたい、と思いますよね。面白い。
∞ Posted by iruyak at 2009-03-01 17:07
name:

email:

url:

comments:

認証コード:




TRACK BACK

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。