サッド ヴァケイション


サッド・ヴァケイション Sad Vacation
 2007年/日本
 監督 青山 真治
 出演 浅野 忠信、石田 えり
    宮崎 あおい、板谷 由夏



同監督作品の「helpless」「ユリイカ」の続編ということで、朧げな記憶を辿りつつ観ました。
背景にある複雑な物語は続いてますが、何だか後味がポップでした。
覚悟した感じで観ていたので、拍子抜け。
でも、人生とはこうゆうものよね、とリアルな感覚も。
結局、人にはそれぞれ複雑な問題や感情があって、それをはっきりさせる為に考えたり行動に変えたりするのだけど、結果がスポーツみたいにはっきりくっきりすることはなく。抱えながらも日々は進んでゆくわけで。
そうゆう所が妙にリアルだなぁと思いました。

「helpless」からの流れで、浅野忠信演じるケンジは複雑な問題を抱えつつ生きてる中、ある日偶然に自分を捨てた母を発見することになります。
そこからも色んな問題が出始めますが、何と言っても母(女)強し。
息子があれこれ考え悶々としても、物凄い母性と確信を押し付けてくるというか。
いくら反発しても母はぶれません。
その母を演じる石田えり。表情なども含めて強烈な印象でした。
ちょっと怖かったです。ぶれなさ過ぎて。奇妙。
その周りにいる女性達も、弱さ見せつつもやっぱりどこか毅然としてます。
男達は混乱。

今回のこの映画を観たあとに、もう一度「helpless」や「ユリイカ」を観てみるのも面白いかも。
私は時間あれば「helpless」の方を見直したいなぁと。思っています。

拍手する
posted by iruyak at 2009-06-16 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ≫ さ行
COMMENT
name:

email:

url:

comments:

認証コード:



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121629897


TRACK BACK

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。