ファッションが教えてくれること


Image Hosted by ImageShack.us September Issue
 2009年/アメリカ
 監督 R.J.カトラー
 出演 アナ・ウィンター、グレイス・コディントン



9月はファッッション界にとっての新年みたいなもの。
全てが新しく生まれ変わる重要な月らしい。
US版ヴォーグの9月号。
アメリカの女性の10人に1人は読むというヴォーグ。
そんなファッション界にとって重要な雑誌が出来上がるまでの、編集長アナ・ウィンターを中心に追ったドキュメンタリー。


ちょいちょいファッションショーのスナップとかで見かけます、アナ・ウィンター。
「氷の女」というあだ名に相応しく、無駄に愛想は振りまくこともなくビジネスに徹する姿は、見てるこちらが緊張する程のオーラが出まくってます。

そんな彼女と20年もの間、共に仕事をしているクリエイティブディレクターのグレイス
・コディントン。
グレイスは素晴らしいページを沢山作り出しますが、ヴォーグはあくまでアナの雑誌。決定権は全てアナにあり、グレイスの仕事は次々に却下されます。
グレイスは苛立ちを感じ、愚痴をこぼす事もしばしば。
2人は目を合わせることもなく、不穏な空気が。
わーこんなん分かるわーと働く人なら、とても共感出来る所なんですが、この2人は少し違います。
とにかくお互いを尊敬し合っている。
グレイスはアナの功績を賞賛し、アナはグレイスを天才だと言う。
そのことが根底にあっての対立なので、ただの歪み合いとは全く意味が異なります。
2人はただ素晴らしいものを作りたいだけ。だから妥協はしたくない。
ただそれだけ。
そこが一致しているから、決して憎み合うことはない。
こんな関係って、本当、普通だと絶対辛くしんどいものだと思うので、上を目指す人間にとっての理想のかたちなのかなぁと思いました。

でも何だか、この2人を見ていると、普段の自分の愚痴が果てしなく無意味なものに感じてしまった。
なので、そういう意味でも観て良かったなぁと。

もちろんこの世界にも興味があるし、ファッション写真を観るのも好きなので、その点もとても興味深い映画でした。


話は飛びますが、そのアナの良きパートナーグレイスが元モデルなんですが、その当時の彼女、美し過ぎる。正直かなりびっくりだった。(失礼)

拍手する
posted by iruyak at 2009-11-29 04:15 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ≫ は行
COMMENT
name:

email:

url:

comments:

認証コード:



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134195044


TRACK BACK

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。