思えば遠くへ来たもんだ ロンドン C


セスクの移籍騒動で気が気じゃないこんな時にこそ!

ようやっと、スタジアムツアーの記録です。
しかも、「こんだけ延ばしたわりには内容が豊富じゃない!」ときっと思われると思います。
がしかし、誰に何と言われ様がこれが私の旅の記録なんです。どうもすいません。



さてさて。
ロンドンの旅4日目、朝からグッズショップやらー、ハイバリー跡やらー、随分ウロウロしてやや疲れ気味ですが、ツアーの時間がやって来たので集合場所に行ってみると。
やっぱ結構いますね。ツアーの皆さん。
色んな年代、人種の方々が。

では早速、受付でツアーの人用のシールを貰い服にベタっと。あざす。
で、そこにあったパンフや何やも色々貰って。スタートです。

実はこの時、人の多さ(且つ、皆背が高い)でボスの石像を見逃してて、結局後で外から写真を撮るしかなかったっていう...馬鹿。
ま、そんなことにも気づかず、口半開きでふわふわとツアーの流れに乗って行きました。


まず連れてかれたのが、デレクターズボックスっていう、明らかお偉いさん達が観戦するラウンジとそこから繋がる観客席。
そこの席に座り、担当のおじさんがスタジアムの構造を説明してくれました。



あすこにレストランがあって、フランスの有名な◯◯シェフが腕を振るってる、とか、あすこにマスコミ席があって最新鋭のカメラがあーだこーだとか。(すいません、私の語学力ではこんなもんです。)ま、要は凄いんだなと。
でもやっぱ特等席だけあって、こんなとこで毎試合観戦出来たら、そらええだろうと思いました。


さて次。
そのレストランやらには連れてってくれず、
「あんたらはー、これが一番観たいんじゃろー」とばかりに早速選手の導線を案内。

そわそわ。
あーー。ここよく試合前の映像で観るところ。
ガナザウルスくんが出迎えてくれるとこ!です。



扉の外には駐車場。
そしてその向こうの光の漏れてるとこから、2日程前にソングを盗撮したっていうね。
あっこからファンは覗き見出来るという。
繋がった!


んで中にはどーんとエンブレム。



威圧的。

この威圧的エンブレムの両サイドには、アーセナルの歴史上の名シーンが額縁に入って飾られ。


で、エンブレムの下にはタイムカプセル。



この中にはアダムスのキャプテンマークやら、レジェンドグッズが入ってるそうな。
ハイバリーメモリアルグッズ的なもの入ってんですね。


んでその奥にもまたまたエンブレム。
どどーんと2つ。



その扉の上に今までのタイトル歴が、ざっと。


ほえーー凄い。
これはこれは初っぱなからアウェーチームへの心理的圧力、やるなーと感心。
ボスのどや顔が浮かびます。


やーやーしかし凄いですなー
と思いつつそのタイトル歴の刻まれた扉を開けると、
また威圧、っていう。



しかもこの道以外に長い。やや坂道。
坂道にすることで、威圧感をより...なわけないね。


他のスタジアムの内部を見たことないですけど、どこのスタジアムもこんなもんなんですかね。
あーーでもそういえば。テレビで観る限り、リバポの控え室までも派手派手しかった様な記憶が。


そんなことを考えたりしつつ進んでゆくと、
ついにーー



えらいミステリアスに写ってしまった。


わーピッチーー...
と騒ぎたいとこなんですが、あくまでツアーなのでここは流されて左へ曲がり、ガナの控え室へ。

ちなみにアウェーもどんななってんのか気になりましたが、そこは案内してもらえず。


で、控え室。
入って右手にこれ。(何ルームっていうんでしょう。マッサージ?ルーム?)





左手にこれ。(風呂?)この奥がシャワー室になってます。



よく見る黒タイルに「ARSENAL」って書いてる壁の裏っすね。
フェル様入団の時も、この壁の前で撮ってました、よね?


で、つきあたりがドレッシングルーム。





ヴェンゲルデザイン。
思いっきり私の方を見て、日本の木を使ってますって言われました。どうも。

一番奥の中央にキャプテンが座るんだそう。
なので、セスクのユニが。
で、セスクに向かって右側がDF、セスク周辺がMF、左側がFWだそう。
ほほう。戦術とか話しやすいもんね。




DF側から撮った、ヴェンゲルホワイトボード方面。
...ホワイトボードが見えん!
人多過ぎ。

ホワイトボードもよく見ると、色々書き込んだ跡があってやや興奮。凝視。


にしても、綺麗ーー。
私の貰ったパンフに写るドレッシングルームは実際に選手がいる写真で、床も泥だらけ、服やら何やらで足の踏み場なしっていう、THE部室って状態になってるけど、掃除してくれるんすね... 誰かさんが。その仕事したいぞ。


さて、そうこうしてるうちにピッチへ向かうことに。
こちらは動画で。
※ 人の迷惑に成らん様気を付け過ぎて、やや挙動不審な動画です。その為、臨場感に欠けます。




この動画を見直して、後悔。
トンネル通り抜けたあと、何でもっとスタジアムを一望せんかったのか...細かいか。まぁいいけど。

なのでこちらが映さなかったアウェーのベンチ方面。




んでこれが、ホームベンチ。



ご存知一番右がボスですね。
何かカバー掛けられてました。チッ。


客席から見た時はコンパクトに感じたスタジアムも、ピッチレベルで見るとやっぱデカい。
全部観客埋まったら、これまた凄いんでしょうな。
はぁーーーあ。
っていう時間もあっという間。
この後はマスコミ系の場所へ案内です。


が。もう既にやり切った感が100パー越えてました正直。

なので大して写真も撮ってないですが、
プレスカンファレンスルームのボスの手元はこんなです。てのだけ。



皆積極的に座って、撮って、触ってしながら、もはや案内人の話を聞く人も徐々に減りつつ。


んで最後に謎の裏口から駐車場(あーーここに2日前ソングやらがーーと思いつつ。)を通り、またまた謎の裏口から中へ入ると謎の個室へ。

すっごい豪華な額縁に豪華な写真(絵?)がいっぱい。
何の部屋?



で、そこを抜けたらグッズショップで、「じゃあ皆買って帰ってねーっ」て送り出されました。
上手いのう。してやられたわ。


そんな感じでふわーっと解散してゆきました。
いやー実に楽しかった。ははは

...でも私は懲りませんでした。


この後、アーセナルミュージアムとやらに約1時間以上滞在。

1時間もいる程広くないんですけど、最後かも。とか思ったら、やたら丁寧に見てしまいまして。
しかも受付のおっちゃんが「写真オッケーよー」とかいうから、撮りまくったし。
人と約束があったので、泣く泣く退散したけど、約束とかなかったら多分2時間はいたなってくらい、居座ってました。


で、ミュージアムで撮った写真を全て載せるとパンクしそうなので、少しだけ。
あとはご自分の目で確認しに行って下さい。















よく分からんチョイスですが、少しはミュージアムにうっかり居座ってしまう感、伝わったでしょうか。

ここ行くと、アーセナルの歴史をどっさり堪能出来ます。
映像やらゲームやら他にも諸々。
2ポンド(多分)入れたら、アーセナルコインが出て来るのとか。
ガナファンにはたまらんはず。

歴史、深い。うむ


というわけで。
はぁ。
こんな幸せな1日があってえんでしょかと。
遠くから来たのでより一層なんかしら。
心の底から楽しかったです、はい。



このロンドン記録、4回に分けた割に何だか程度の低い記録になってしまいましたが、これが精一杯!
まぁ何となしには伝わったんじゃなかろうかと。

長々読んで下さった方、ありがとうございました。
来シーズンは微妙なんですが、その次のシーズンの頭にまた行く予定です。
しかも今度はもっと長めに!
ではではまたいつも通りのブログに戻りたいと思いますーー




全身アーセナル服。グーナー少年とエミレーツ。
ええ風景だ。



拍手する
posted by iruyak at 2010-05-20 04:45 | Comment(2) | TrackBack(0) |  ≫ arsenal
COMMENT
こんばんは。
待ってました旅行記C(笑)

順を追って写真を見ていくと、何だかスタジアムツアーに参加している気分になってきました。何となしにじゃなくて、バッチリツアーの魅力が伝わってきましたよ。
ミュージアム、私もきっと2時間以上居座ってしまうと思います。ラストハイバリーユニの集合写真欲しい!!(笑)

やっぱりアーセナル、最高ですねぇ。。。(笑)

∞ Posted by berg-kamp at 2010-05-22 19:59
> berg-kampさん

長々読んで下さってありがとうございます!

この楽しさ、伝わって良かったです...一安心。
berg-kampさんも、絶対2時間居座ること間違いなしです。
集合写真どころじゃないくらい、写真の撮りどころも満載ですし。
是非行ってほしいーーーーッ

アーセナル...最高っす。
って余計思うと思います。現場に訪れるとやっぱ。
∞ Posted by iruyak at 2010-05-22 20:45
name:

email:

url:

comments:

認証コード:




TRACK BACK

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。