セスクにまつわるグーナーのガナ愛。


何でもいいけど、この一連のセスク問題でアーセナルに対する世間の目が悲しい。
世間の目なんてどうでもいいけど、向けられてるのは私じゃなくて、愛するチームやボス、または私以外のガナファンやからねぇ。
何とも言えないす。

「嫌がるセスクを無理矢理引き止め、しつこいアーセナル。」
「ただ単に、セスクが連れて行かれるんじゃないかと躍起になって怒り狂うファン。」みたいな。

まー中にはそうゆうファンもいると思うけど。


私が思うに多くのガナファンが何に怒り狂ってるのかって、まずは「バルサのアーセナルに対する敬意のなさ」。よね。

自分の愛するチームを下に見る失礼極まりない行為や侮辱。
そらキレるわさ。
セスクどうの以前の問題です。
ファン同士の罵り合いならまだしも、同じ土壌にいる本来なら尊敬し合うべき立場ですから。
しかも、現にバルサはアーセナルを「尊敬している」とか公の場で発言してるので、ますます矛盾です。
そして実際、ガナのボスはその行為に関してバルサにお手紙を出してます。
手紙書くくらいなのだからよっぽどです。


次に「セスクの板挟み状態」について。

バルサは「セスクが戻りたいって言ってんだから!」の一心で残念な行動、発言を次々と犯して来ましたけど。
小学生の群れの奪い合いか。
プロでしょうよ。
まず、「セスクは現在アーセナルの契約下にいる選手」ですから。

「だってバルサのカンテラ育ちだぞ!」
はい、知ってます。
だから、「セスクは現在アーセナルの契約下にいる選手」ですから。

育ちがバルサだからといって何でもしていいのか。そんな決まり聞いたことない。

で、勘違いしてほしくないのがガナファンの多くが「いつかバルサに帰ってしまうんだろうな...」というのを理解しつつ彼を応援してるということ。
そしてそれでもアーセナルを愛してるといい、チームに尽くして来てくれた彼が「出て行きたい」というのなら、それ致し方なし。
と思ってるファンが意外に多いということ。

それから。

うちのボスはこっちが「甘過ぎる!」と思うくらい選手の考えは尊重しまっせ。ってこと。
そりゃ契約下ですから「1年くらい我慢せい!」と説得はするわよ。てか契約してんですからそれくらいの権限はあるでしょうよ。
でも本気で気持ち離れた選手に対しては基本あっさり手放します。
セスクだからといって「特別」。それはないと思います。

忘れないでほしいのが、セスク自身ボスからのキャプテンの打診を喜んで受けたということ。
しかもそれは2年以内の話。
そして、今年の春までは確実にアーセナルに心がありました。彼の行動や発言をもって、それは確信しています。
そしてこれらは、彼をずっと見て来たファンにしか分からないということ。
どこかのチーム、選手を熱心に応援したことのある人なら理解出来るはず。

「それはファンの妄想だろ」という人がいる。
はい、妄想ですけど何か。
「こんな体験したことあんですか」とその人に言いたい。
「本気で何かを信じた事あんのか」と。
動物と暮らしたことのない人が、「動物の思うことを理解出来るわけない。」と言うのと同じ、と思っています。
やったことないことを、あーだこーだ言うなということです。

話は戻って。
例えばセスクがW杯前に、「出て行きたい」とボスに懇願していたとしても、ボスが1年くらい引き止めるのは理解出来る。
だって「セスクは現在アーセナルの契約下にいる選手」ですから。
その代わり、きっと1年後にはバルサに移籍させると思う。
「出て行きたい」って言ってたらね。

でももし、その後も残りの契約を全うする、もしくは契約を延長する、としたら。
絶対それはセスクの意思。という自信があります。

何度もいいますが、これはこのチームと彼の行動や発言を今まで見続けて来た「ファンにしか理解出来ない妄想」です。


それとここ最近本当に理解不能なのが、バルサの選手の悪のり行動と発言です。

「セスクがバルサに戻りたいって言ってんだ!」
「セスクは今季移籍するぞ!」
はい。百歩譲ってそれが事実だとしよう。で移籍も決まりました。
良かったねー念願のセスクとのプレー。楽しんでねー。

が。この発言には疑問符が付く。
「セスクは友人なんだ!」

ガナファンには色んな人間がいますから、今回バルサやバルサの選手が公の場で自由気ままにやって来たお陰で、セスクから気持ちが離れたファンが多くいると思います。
セスクがアーセナルに来てから長い間、彼が努力し積み上げて来た地位、名誉、信頼、絆。
結構な勢いで壊してるの分かる?

「バルサに来るんだからいいじゃない!」

おいおいマジか「友人達」よ。
少なくとも私の周りの「友人」と呼べる人たちはそんなデリカシーのかけらも無い行動を取る奴はいないし、私もそんな彼らを「友人」と信じてます。

これはバルサ流友情論と私風友情論の相違なのかしら。



何を言いたいかと言うと。

チームやファンの多くは「アーセナル」を愛してるのであり、世間が思う程セスク引き止めに躍起になってないということ。
何年の歴史と誇りがあると思ってんですか。
ただその「アーセナル」を愛して、「チームの為に働いてくれたセスク」を愛してるのであり、彼が出て行くのなら彼の幸せを願い送り出す。
そのかわりほとんどのガナファンは「バルサのセスク」には興味ありません。
でも「アーセナルのセスク」には感謝し続けます。ってこと。

特に「アーセナル」や「アーセナルの選手」を傷つけるやつは容赦しません。

だからバルサ及びバルサの選手はどうかお願いです。
「黙って下さい。」


...そこをねじ込んで、幼児誘拐!セスクを返せ!これ以上セスクを苦しめるな!諦めろ!とか...はぁ。
誘拐の意味分かってんのかと。


ちなみにここは強調します。
この私の見解は「多くの」ガナファンに関することであり、他にも色んなガナファンがいるよってこともお忘れなく。

ブログが炎上しようがいい。
ここは「アーセナル」を愛してやまない奴のブログなんじゃ。
「ガナ愛」を語って何が悪い!



拍手する
posted by iruyak at 2010-07-13 17:05 | Comment(16) | TrackBack(0) |  ≫ arsenal
COMMENT
一文字一句全文同意です。これから僕の周りに流布しようと思いますw
∞ Posted by ryuars at 2010-07-13 17:23
この記事を読んで、セスクへの愛情、バルサへの怒りがふつふつと沸いてきました笑

僕ってやっぱりアーセナルが好きなんだなぁと改めて感じさせてもらいました。ありがとう。
∞ Posted by ash at 2010-07-13 17:48
バルサ流友情論と私風友情論の相違というより、
日本人かスペイン人かの違いのような気がします。。

妄想で話をするのはもちろん愛があって良いと思いますが、「ガナ愛語って何が悪い!」と最終的に投げやりになっているこの記事をtwitterなんかでRTされまくっているのを見て、みんなもう少し落ち着いて欲しいと思ったし、拡散させるのはどうかと思い、コメントさせて頂きました。
∞ Posted by nene at 2010-07-13 18:04
落ちついていないとでも思っているんですか?落ちつぃたうえでの大勢の意見ですよ。

一番腹が立ったのは自分達から色々話しておきながら、「公になって困る」とかほざいていることですね。何をアーセナルのせいにしているのか。

何より言いたいのは、お金がないからといって自分達の言い値で買えないんですよ。お金がないときは通常我慢するものです。カタランのDNAなんてロンドンのクラブのには何の関係もないんですよね。
∞ Posted by aki at 2010-07-13 18:54
> ryuarsさん

ありがとうございます。
そんなに同意して頂けるとは...でも多くの人が同じもやもや抱えてるんですね。
皆よく耐えてますね、涙。
私はここで吐き出さないと、ちょっと限界でした。
∞ Posted by iruyak at 2010-07-13 19:23
> ashさん

そんな素晴らしい気持ちに気づくきっかけになれたとは...何だか私も嬉しいです。

問題は山積みですが...また来シーズンからガナ愛全開で応援しましょう。
∞ Posted by iruyak at 2010-07-13 19:27
> neneさん

ブログ全体を読んで頂けると分かるかと思うんですが、もともと文章の締めは「投げやり口調」っていうのが私の「癖」なのですいません。

ところで、RTしてはいけないものってあるんでしょうか。
私には分かりませんが、RTして下さった方は皆さんそれぞれが個人の判断でされたと思いますし、ほとんどの人が冷静だったと思いますよ。

この問題はずっと以前からあって、大半のグーナーの方が冷静に何度も何度も考えて来た問題です。
それをたまたま私が耐え切れず公で発して、色んな方が反応して下さったまでです。

∞ Posted by iruyak at 2010-07-13 19:47
> akiさん

「公になっては困る」「お金がないのにほしがる」
そこまで来たら矛盾っぷりが見事ですね...情けないです。

本とそうなんです。
カタランのDNAなんて正直どうでもいいんですよね。
それを海を越えてまで押し付けて来るとは...凄い自信です。見事。
∞ Posted by iruyak at 2010-07-13 19:55
今のセスクを取り巻く環境、ホント最悪だと思います。アーセナルファンだったらiruyakさんと同じ事を思ってる人は多いんじゃないでしょうか。私も思ってます。。。

移籍については、チーム間、選手間で裏ではいろいろとあると思います。しかし、あんなに表立って友人にいろいろ言われたらセスクは複雑だろうなと…(悲)

今日はセスクがバルサのユニを着せられる嫌な動画を見てしまいました…。
∞ Posted by berg-kamp at 2010-07-13 20:40
バルサというチームや所属選手の敬意のなさや、アーセナルファンのセスクへの気持など、とても共感しました。

ただ、今回のセスク騒動の事の発端の発端は、セスク自身が移籍願望を公に口にしたことだったはずです。それは(確か)オランダのTV局のインタビューで、セスク自身がはっきり「バルサへ」移籍したい、と口にしてしまっています(動画もどっかにありますよ)。
確かにバルサの選手も首脳陣も失礼極まりない手段を講じてますが、そもそもセスクが軽率な言動を慎しんでいたら、ここまで奴らも大っぴらな勧誘活動に出て来なかったのでは、と思います。

もちろん、私もアーセナルファンですし、バルサへの怒りももちろんあります。
ただ、アーセナル側にもつけこまれる隙や反省すべき点があるのでは、と思った次第です。
∞ Posted by takashi at 2010-07-13 21:12
はじめまして。
私はユナイテッドサポですが、非常によくわかります。
うちもスペインの方とはいろいろありまして。。未だにルーニーが欲しいとか言ってるし。。

作季のCLでユナイテッドにはベッカムがガナーズにはアンリが試合のために戻ってきましたね。
「そのかわりほとんどのガナファンは「バルサのセスク」には興味ありません。
でも「アーセナルのセスク」には感謝し続けます。ってこと。」
あの時のファンのお帰りなさいの暖かい拍手→試合開始後のブーイングはまさにこのことですよね。
 
あと一ヶ月で開幕するプレミアでアーセナルのユニフォームを着たセスクが見れることを信じています。


∞ Posted by megumizq at 2010-07-13 21:44
> berg-kampさん

その動画...観てないんです。実は。
自分の感情がどうなっちゃうのかが末恐ろしくて。
写真だけチラッと見てしまい。すぐに目を伏せました。
「冗談やん」って意見もありますけど、冗談になってないです。全然面白くない...

セスクは決勝の後「アーセナルの選手やファンにこの勝利を捧げたい」って言ったようなので、本とユニフォーム事件は本人も立場ないですよね...はぁ
∞ Posted by iruyak at 2010-07-13 22:21
> takashiさん

そのセスクが移籍したい発言したというお話初めて聞きました。
確か昨シーズン終了後にスペインのインタビューで
「アーセナルを離れるとしたら、バルサ?」って問い(ほぼ誘導尋問)に、「はい。絶対に」って答えて、スペインがそっから加熱し、バルサの会長まで発言し始めたって記憶してて、こちらに関しても、英語に訳された動画までyoutubeで上がってましたが、
それ以外にハッキリ公言してたってことなんでしょうか。
もしそうだとしたら、それはセスクが軽卒というか、問題ですよね...
私や他の方々もおそらくその話は知らずこの問題を解釈してるので、takashiさんのおっしゃる様な意見にはなってないのかもです。
どうなんでしょう、また私の方でも色々と調べてみたいと思います。
貴重な情報ありがとうございます。

あと、セスクの噂は別にして、「アーセナル自体につけ込まれる隙」というのも正直私の知ってる情報内にはないので、また教えて頂けたらと思います。

グーナー的には、何もかもがスッキリして、応援に集中出来る日が早く訪れてほしいですね。
∞ Posted by iruyak at 2010-07-13 22:37
> megumizqさん

はじめまして。

温かいお言葉ありがとうございます。

ルニー...その噂私もよく目にします。
セスクならともかく、ルーニーほしがるかね...と呆れてそのニュースを見てました。
私の中ではあり得ない移籍の噂、だいぶ上位にランクインしますね。

そうなんですよね。
あくまでチーム自体に愛情を感じているので、
もちろん、そのチームに居てくれる限りは心からサポートしますが、そこを出てしまえば...ということになっちゃうんですよね。寂しいですが。

だからせめてタイトルをチームにもたらして「レジェンド」になってから出てってほしい。と思ってます。
それくらいセスクはチームの為に働いてくれた選手なので。
その後バルサで何を残そうと、ガナには全く関係ない話ですからね...

他チームの方まで共感頂けるとは。
ありがとうございました。


∞ Posted by iruyak at 2010-07-13 22:51
オランダ敗戦から立ち直るのに時間がかかり、ちょっと遅くなりましたが。

例のユニフォームの動画、私は見ましたが、セスクは無理やりユニを着せられたものの、自ら腕を袖には通さなかったんです。彼のちょっと困惑するような仕草を見て、私はキャプテンを信じようと思いました。グーナー歴は短いですが、私も iruyak さんと同じ気持ちです。
∞ Posted by torisy at 2010-07-14 22:40
> torisyさん

分かります...私も昨日、セレモニーでの彼らの表情とオランダ人の温かい雰囲気で、やっと前を向けたので。
いやいや相当ショックでしたもんね...はい。痛く理解出来ます。
そんなオランダ代表を破ったスペインからの悪のり事件ですからね...なんの呪いかと思いました。

動画。私は今だ観れずなんですが、そのセスクの表情で信じる気持ちになったガナファン、結構いるみたいです。
決勝でも、終わりのホイッスルが鳴ってすぐ、喜ぶ前に落ち込むロビンのもとへ行ったセスクは紛れもなくガナーズですもんね。

悪のりバルサはさて置き、今はただただセスクが心配なので、
彼に「大丈夫。信じてっぞ!」って言いたいところです。
∞ Posted by iruyak at 2010-07-15 03:05
name:

email:

url:

comments:

認証コード:




TRACK BACK

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。