脳内ニューヨーク


脳内ニューヨーク [DVD]
 Synecdoche, New York
 2008年/アメリカ
 監督 チャーリー・カウフマン
 出演 フィリップ・シーモア・ホフマン、サマンサ・モートン
    ミシェル・ウィリアムズ、キャサリン・キーナー


チャーリー・カウフマンの脚本作品には、私の大好きな映画と大嫌いな映画が存在している。
故に余計に注目していた彼の初監督作品。もちろん脚本も彼が。

ちょっと想像を越えてました、これは。

冒頭、問題を抱えた家族がそこに存在していて、正直この問題とこの後何時間か向き合って行くのか...と重い気分になったのだけど、ここからが何だか想像もつかない方へ向かって行ったので、何となく見入ってしまい、あっという間の2時間ちょいでした。

特に何が起きたわけでもない。
「孤独」「苦しみ」「人生」というテーマとしてはありがちな、でも突き詰めると深いこのテーマにこういう形で迫ったのかぁ、という。
観る人によっては、「意味不明」で終わる可能性だってある様な描き方。
複雑。現実か何だか分からなくなる時が多々ある。今だって正直本当の答えは分からん。
あれは全部夢でした、といわれてもおかしくない世界がそこに存在してたけど、現実の様に納得してしまったり。
結局見入ってしまい、心の奥が反応してしまったのは逃れようのない事実...なんだな。

毎回色んな意味でしてやられるので、ちょっと悔しい。
でも凄いぞ、と認めるっきゃない。気がしています。


全然関係ないけど、出演者が意外に豪華やったなー

拍手する
posted by iruyak at 2010-07-30 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ≫ な行
COMMENT
name:

email:

url:

comments:

認証コード:



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157869760


TRACK BACK
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。