シティ・オブ・ゴッド


シティ・オブ・ゴッド【廉価版2500円】 Cidade de Deus
 2002年/ブラジル
 監督 フェルナンド・メイレレス
 出演 アレシャンドレ・ホドリゲス
    レアンドロ・フィルミノ・ダ・オーラ




60年代から80年代にかけてのリオデジャネイロ、中でも貧困にあえぐ地域、スラムを舞台にした物語で、当時の強盗、麻薬、殺人等荒れに荒れている街の様子を、ストリートチルドレン等の少年たちの抗争を中心に描かれている。
この物語は実話に基づいて作られているそうで、主人公であるカメラ好きの少年、ブスカペの目線で物語が語られていく。

なかなか壮絶でした。
幼い頃に殺人を犯す等、ずっと街のトップになる事だけを望んで生きて来た少年、リトル・ゼのグループと、敵対する少年グループの抗争も卑劣だが、もう一つショックなのが幼い頃から犯罪を繰り返す少年が沢山登場する事です。
しかしこれにも社会的な背景があるという事と、彼らの多くが親であったり、友達であったりと絆を大事に思う様な人間的な部分が垣間見えるので、一概に否定する事が出来ない。
またその絆を大事にするあまり余計に抗争がこじれて激化している所もある。だからどうしたってどうしようもなく、憤りを感じました。

私はこの映画を観て良かったと感じています。こういった歴史や背景を知る事、その事について考えてみる等、何かしらこの映画を観て感じる事、得る事は多い。

それからブスカペが最後に目撃したリトル・ゼと警察のやり取り。ブスカペの「警察は?」の一言。これが頭に付いて離れない。こんな事が現代の日本でも普通に行われているとしたら。考えただけで恐ろしい。

またこの映画の見所として、フェルナンド・メイレレス監督の演出力を挙げたいと思います。物話のテンポや組み立て方が絶妙で、最高でした。
始めはそれぞれの物語がばらけている様に感じたが、徐々に繋がっていく感覚が気持ちいい。
長編映画の監督作品としては、この「シティ・オブ・ゴッド」と「ナイロビの蜂」の二本のみなので、もっと観たい気もするが、とりあえずは「ナイロビの蜂」をチェックしたい。



クリック戴ければ幸いです
   >>>にほんブログ村 映画ブログへ
拍手する
posted by iruyak at 2008-02-14 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ≫ さ行
COMMENT
name:

email:

url:

comments:

認証コード:




TRACK BACK

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。