ヒューマン・ネイチュア


ヒューマン・ネイチュア コレクターズ・エディション Human Nature
 2001年/フランス・アメリカ
 監督 ミシェル・ゴンドリー
 出演 パトリシア・アークエット 、リス・エヴァンス
    ティム・ロビンス




ミシェル・ゴンドリー第1回監督作品。
それから後で知ったが、私が苦手とする「マルコヴィッチの穴」のスパイク・ジョーンズとチャーリー・カウフマンが製作、脚本らしい。しかし、これはなかなか面白い脚本だったと認めます。えらそうに。

この映画は宇宙一毛深い女と、自分を猿だと思い込んでる男、それからマナーに異常にうるさい博士のブラックコメディだ。
物語の始めの方にこんなエピソードがある。人一倍毛深い事を思い悩む女性ライラが、こんだけ毛深いのなら一層野性の動物として生きてゆこう、と森で生活を始めるのだ。この時点でこの映画の発想はぶっ飛んでいると確信する。面白い。んなアホな、と吹き出す展開が多々ある。
登場人物一人一人のキャラクター設定も濃い。もちろん主要3人以外にも面白い人物は登場する。私のお気に入りは、マナーに異常にうるさい博士、ネイサンの実家に養子に来た赤毛の少年だ。チビのくせにやたらと大人びた発言、両親からの気に入られようが面白いし、かわい過ぎる。登場するのは少ししかないが、結構な存在感がある。

そして映像は当時、ミュージックビデオ界で注目を集めていた、ミシェル・ゴンドリーというだけあって美しく不思議な映像になっている。森の場面など、人形劇の様な独特の空気や色になっていて、人間世界とは全くの別世界となって現れている。

この映画を見終わって感じた、この人間の世界の複雑な事。野生までも飲み込んでしまう力を持っている魅惑の世界。いくらこの世の中へ不満を吐いたって、もう逃げる場所すらない。そんな事を考えてしまった。
この様にコメディとはいえ考えてしまう、実は奥の深いストーリーだった。特にラスト、思わぬ落ちなので、ははーっと唸ってしまう。



クリック戴ければ幸いです
   >>>にほんブログ村 映画ブログへ
拍手する
posted by iruyak at 2008-02-26 02:04 | Comment(0) | TrackBack(2) |  ≫ は行
COMMENT
name:

email:

url:

comments:

認証コード:



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87119876


TRACK BACK

ヒューマン・ネイチュア
Excerpt: ヒューマン・ネイチュア コレクターズ・エディションパトリシア・アークェット (2002/10/11)角川エンタテインメントこの商品の詳細を見る 2001年 / アメリカ・フランス / 96 m..
Weblog: いけこのDVD鑑賞記
Tracked: 2008-02-27 00:07

めがね(3枚組)
Excerpt: DVDを待っていました!時間に追われる毎日で映画館での2時間が休める時間になりました。裏も表もなく 気持ちが休まるひと時(*^。^*)タエコさんがカキ氷を食べた時間が良いですね心が安らぎましたメルシー..
Weblog: コメディーの厳選紹介
Tracked: 2008-02-29 06:16

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。