ミュンヘン


ミュンヘン スペシャル・エディション Munich
 2005年/アメリカ
 監督 スティーヴン・スピルバーグ
 出演 エリック・バナ、ダニエル・クレイグ
    マチュー・カソヴィッツ




1972年ミュンヘンオリンピックの開催中に、イスラエル選手団11人がテロリストによって殺害される事件が起こった。
この映画は、その後に起きた実話に基づいて作られています。

ミュンヘンオリンピック事件後、激怒したイスラエル政府は報復としてテロの首謀者とされるパレスチナ人11人を暗殺する様、アヴナー(仮名)達に命ずる。
彼らは命じられた通り、標的を次々と消して行く。
しかしその残虐な行為とは裏腹に、アヴナー達は徐々に追いつめられて行く。
報復仕返されるかもしれない恐怖。家族に会えない苦しみ。
見ている方も徐々に、この抗争が一体何になるんだろうか、向かう先には何も待っていないと、空虚な気持ちになっていく。

私は世界情勢に疎い方だけど、パレスチナ問題が今もなお続いている事は有名な話。
今もこうしてる間に、罪のない人々が亡くなっているというのも事実。
これらのほんの一部でも映画を通じて目撃する事により、この問題についてじっくりと考えさせられました。



trailer




クリック戴ければ幸いです
   >>>にほんブログ村 映画ブログへ
拍手する
posted by iruyak at 2008-03-07 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ≫ ま行
COMMENT
name:

email:

url:

comments:

認証コード:




TRACK BACK

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。