嫌われ松子の一生


嫌われ松子の一生 通常版 嫌われ松子の一生
 2006年/日本
 監督 中島哲也
 出演 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介




私は基本的に、原作を先に知っていたら映画は観たくない派、です。
何故なら、既に自分の中で完成されている世界観を壊したくないから。えらそうに。

しかし今回は違った。映画「下妻物語」のファンである私は中島哲也監督に興味があり、尚かつ「中島哲也」×「嫌われ松子」が全く予想出来ない異色の組み合わせだったので、増々興味津々だった。
そしてある意味で予想通り、映画「嫌われ松子の一生」は原作とは全く違う世界観を持って生まれ変わっていた。

確かに原作との設定の相違や、端折られた部分、過剰なまでの演出等が若干鼻に付いたが、それは原作を知っているが故の事、むしろそれらも納得せざる終えないといった感じだった。
中島監督の映画は松子の一生を、明るい前向きなものに変えてくれた。

松子は女の子なら誰もが抱く、お姫様の様な人生を夢見ていた。
やがて教師になり、歌の上手な松子は生徒たちからも慕われ、幸せな生活を送っていた。しかしある時、修学旅行で起こった盗難事件がきっかけで、松子の転落人生が始まる。

今回で二度目の鑑賞だか、何度観ても松子の生き方は心に訴えかけるものがある。
見る人によっては、ただの馬鹿な生き方に見えるのかもしれないが、私の様な感情のみで生きてきた様な人間には、人ごととは思えない。

― 人間の価値は、
  人に何をしてもらったかではなく
  人に何をしてあげたかで決まる

今までに何度も耳にした様な言葉だが、その言葉の意味を松子の一生を通して、改めて実感した。つくづく。



クリック戴ければ幸いです
   >>>にほんブログ村 映画ブログへ
拍手する
posted by iruyak at 2008-03-08 20:05 | Comment(2) | TrackBack(1) |  ≫ か行
COMMENT
私もこれ良かったです。
幸せかって、誰が決めることなんだろうなあと思いました。
原作はまた違うのですか。
∞ Posted by pretty_kitten at 2008-03-10 10:32
>pretty_kittenさん

トラックバックとコメントありがとうございます!

原作ではトルコ嬢や、牢獄の時など、映画ではミュージカルちっくにサラっと流れた部分が、結構深く掘り下げられてたり、クドカン演じる文学青年もただの暴力男で描かれてましたが、本ではもっとやさしい男で、のちのちに残る様な濃い恋愛をしてたりします。
本は全体的に暗いです。結構衝撃的な。
だから始め映画がミュージカル調って聞いた時は、ミュージカル?松子の一生が?ってなりました。
∞ Posted by iruyak at 2008-03-10 13:21
name:

email:

url:

comments:

認証コード:




TRACK BACK

嫌われ松子の一生
Excerpt: 2006年 監督:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、    香川照之、市川実日子 ほか 映像の色合いと、松子のキャラクターは 「アメリ」を思い出しました。 このビビッ..
Weblog: えいがの感想文
Tracked: 2008-03-10 10:22

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。