These New Puritans


Beat PyramidBeat Pyramid
These New Puritans

by G-Tools




イングランド西部サウスエンド出身の4ピースバンド、these new puritans。
2008年の注目バンドとして名前が上がっているそうです。
私はそんな事も知らず、このアルバムにも収録されている"Elvis"という曲の映像を観て、すぐに惚れてしまいました。

klaxonsを初めて聴いた時の感覚に似ていると思いつつ、these new puritansの事を調べてみると、なるほどニューレイブの異端児として、そこかしこでklaxonsと比べてられている様です。しかしこのアルバムをじっくり聴いてみると、klaxonsと似てなくもないがやはり異なっているし、彼らよりよっぽどダークな所を彷徨っている感がある。

とにかくドラムの複雑な構成が印象的で、そこに全ての音が太く異様に絡まっている。ポップな面があるにも関わらず、一度聴いただけでは理解出来ない世界観にぐんぐん引き込まれていく。
これはこの先が楽しみなバンドです。



Elvis / these new puritans




クリック戴ければ幸いです
   >>>にほんブログ村 音楽ブログへ
拍手する
posted by iruyak at 2008-02-29 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ≫ album

Club 8


The Boy Who Couldn't Stop DreamingThe Boy Who Couldn't Stop Dreaming
Club 8

by G-Tools




最近知った北欧スエーデンの男女デュオ、club 8 。
アコースティックが基調でそこにピアノやドラム等、中にはエレクトロが混じっている曲もあったりと、全体的に気持ちの良いシンプルな楽曲ばかりです。
特に気に入ったのがヴォーカルの声。透明感、清涼感に溢れかえっている。このブログを始めて気付いた事だが、私はこの手の声にとても弱い。1フレーズ聴いただけで、心ん中が澄み渡っていく感覚がある。これがこの上なく清々しい。

意外だったのは、このアルバムは4年ぶり6枚目のアルバムだという事。まだまだ知らない良いバンドが沢山いるもんです。
4月には一夜限りの来日公演も控えている。東京公演のみ。



whatever you want / club 8




クリック戴ければ幸いです
   >>>にほんブログ村 音楽ブログへ
拍手する
posted by iruyak at 2008-02-28 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ≫ album

The Pixies


Surfer RosaSurfer Rosa
Pixies

by G-Tools




私はpixiesに然して詳しいわけでも、ロックの知識に長けているわけでもない。
ただ単にpixiesは凄い、と突き動かされたまでです。
聴けば聴く程味を増し、凄まじいエネルギーを放つ。pixiesが作り出すのはそういう音楽だと思った。
私が音楽に突き動かされるとしたら、まず一つがライブでのエネルギー、あと一つがやはり、聴くたびに密度が濃くなっていく事に気付いた瞬間。
なんじゃこのパワーは、と我が耳を疑い震える。本物だ!と叫びたくなる。
pixiesに対してもそれらの衝動に駆られたわけです。

私がpixiesを知ったのは尊敬するnumber girlがきっかけ。
pixiesに影響を受けたバンドは世界中に数多く存在するという。number girlもそのバンドの一つだった。

"Surfer Rosa"を初めて聴いた時は、正直それほどの感情は湧き上がらなかった。
その後、pixiesのライブ映像を目にする機会があった。その時に結構な興奮を覚えたのだ。決して派手な演出があるわけでもなく、淡々と曲をこなして行く。ビジュアルなんて関係ない。そこにはただ、静かに蠢くエネルギーがあった。
それからあらためて"Surfer Rosa"を聴くと全く違うものに変貌していた。私の中で。
まだこのアルバムのみの体験だが、この衝動は確かなものです。



where is my mind? / the pixies



クリック戴ければ幸いです
   >>>にほんブログ村 音楽ブログへ
拍手する
posted by iruyak at 2008-02-19 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ≫ album

The Chap


THE HORSETHE HORSE
THE CHAP

by G-Tools




ロンドンのインディーズバンド。
日本ではほんとんど知られていない様で、ネットで調べてもほとんど情報がないです。
なのでこれが何枚目のアルバムかもいまいち掴めてません。おそらくはフルアルバムを二枚出していて、このアルバムが一枚目だと思う。多分。

ロックやエレクトロをかなり実験的にミックスしたようなポップサウンドで、色んな音が色んな形で静かにずっしり響いて来る。思わず聞き入ってしまい、独特の世界に誘われる感覚がとても気に入っている。
このアルバム以外にもいくつか好きな曲があるので、もう一つのアルバムを早く入手したい。



クリック戴ければ幸いです
   >>>にほんブログ村 音楽ブログへ
拍手する
posted by iruyak at 2008-02-15 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ≫ album

Coconut Records


ココナッツ・レコーズ ナイトタイミングココナッツ・レコーズ ナイトタイミング
ココナッツ・レコーズ

by G-Tools




coconut recordsの存在を去年あたりに知ってはいたが、聴いた事がなかった。そして今年、日本でアルバムが発売される様で幾度かPVを目にし、何だか頭に焼き付いていたので調べてみると、これがcoconut recordsか!と気付く。
しかも彼はジェイソン・シュワルツマンとゆう俳優だそうで、「マリー・アントワネット」のルイ16世や、「天才マックスの世界」のマックス役等を努めていたそうだ。どちらも観た事がないので彼の存在は全く知らなかったが、俳優だったとは。しかも従兄弟がソフィア・コッポラ等、凄い演劇一家の育ちだそうで二重に驚かされた。

そしてcoconut recordsのアルバムを聴いてみた。なかなかいい。声がいい。ふわーっとした空気が漂っている。
アコギで聴かせるものから、エレキが鳴る様な曲もあり、普通にミュージシャンとして成功しそうな感じだ。これからも音楽業を続けていくのだろうか。気になる所だ。
しかもこのアルバムにはキルステン・ダンストがコーラスで参加していたり、ジャケット写真を従兄弟のローマン・コッポラが手がけていたりと、なかなか豪華らしい。



West Coast / Coconut records




クリック戴ければ幸いです
   >>>にほんブログ村 音楽ブログへ
拍手する
posted by iruyak at 2008-02-14 03:37 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ≫ album

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。