めぐりあう時間たち


めぐりあう時間たち The Hours
 2002年/アメリカ
 監督 スティーブン・ダルドリー
 出演 ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーア
    メリル・ストリープ




まずこれを観る前に、とある日本映画を観て軽く失望してしまい、それだけが日本の映画ではないとゆうのに、勝手に日本映画の未来を憂い嘆いていた。
しかしこの映画を鑑賞した後は、「これぞ映画!」という興奮に満ち満ちていた。そしてまた映画によって、少し器の大きくなった私は、あー先ほど観た日本映画は、ただ単につまらん映画だったんだなーという事にやっと気がついた。すいません、日本映画。

大変奥が深く、丁寧に描かれた映画だった。俳優達の演技も実に繊細で、一番の見所だった様に思う。
主演の女性3人はそれぞれ、違う時代、別の場所で生きている。この映画は、それら別々の時間を繋げる役割をしている。
ニコールキッドマン演じるヴァージニア・ウルフは実存した小説家で、彼女の著書「ダロウェイ婦人」がこの物語のモチーフになっている。

冒頭から3人の女性が、かなり追いつめられた状態なので、これはなかなか重い映画かと覚悟したが、覚悟しなくとも小説を読む様に物語の世界へ入り込んでいった。
そして彼女たちや、彼女たちを取り巻く人たちの一挙手一投足に感情が揺さぶられた。
決して納得のいく終わりではないけれど、納得しなければいけない事の様に思えるし、中には救われた瞬間がいくつかあったので、その一瞬一瞬が頭の中に残っている。



クリック戴ければ幸いです
   >>>にほんブログ村 映画ブログへ
拍手する
posted by iruyak at 2008-01-23 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ≫ ま行

ミリオンズ


ミリオンズ スペシャル・エディション millions
 2004年/イギリス
 監督 ダニー・ボイル
 出演 アレックス・エテル、ルイス・マクギボン
    ジェームズ・ネスビット




この映画はかなりかわいい。登場する子供達から(特に主人公のダミアンのかわいさは、半端ではない)、ダミアンの元に現れる聖人、家、街の様子までが、絵本の様な表現なので、とにかくかわいい。

主人公のダミアンは、神様を信じる心の綺麗な少年で、ある日ダミアンの元に、空から大金が降って来る。神様からの贈り物と信じたダミアンは、貧しい人たちに役立てようと奔走する。それから起こる様々な出来事等が、ファンタジックに描かれている映画だ。
「トレインスポッティング」のダニーボイルが監督を勤めるだけに、不思議な感覚の表現方法であったり、何よりテンポがいいので、グッと引き付けられる。

そしてはじめにも言った通り、ダミアンのかわいさが半端ではない。かわいいと言っても、見かけ等の問題ではなく、純粋さ故の振る舞いが、かわいさに拍車をかける。
人が突然、大金を目の前にすると、いくら子供であっても目がくらむ、という事をこの物語の中で表現されつつも、この主人公ダミアンだけはどんな誘惑にも揺るがない、ただひたすら自分の信じる「正しい事」に従って行動する。それが、何とも健気で、心洗われる。

ダニー・ボイル監督が「僕の子供達に、堂々と見せられるものを作りたいと思った」と言う様に、見終わった後、その場がやさしい空気で溢れかえる様な素敵な映画だった。







クリック戴ければ幸いです
   >>>にほんブログ村 映画ブログへ
拍手する
posted by iruyak at 2008-01-03 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ≫ ま行

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。