開幕なので。



 アーセナル vs リバプール
       1-1


私はどんだけ性悪なんだってくらい、「レイナがミス」してガナゴールになったってことに、びっくりするくらい浮かれています。
こんな天罰が下るとは...人生って面白い。と思いました。
アンフィールドまで駆けつけたグーナーの、耳を澄ませば聞こえるブーイングにも屈したんじゃないか..とも思ってます。素晴らしい。
特にね後半、真後ろからボール持つたび罵声が飛んで来てたでしょうからね。ふむ。


(↓ここより。開幕やし、久々ちゃんとした画面でガナを観た為、一人一人のことをブツブツ言ってるだけなので、読むことをあまりお勧めしません。)


何かこの試合、色々あり過ぎた(開幕戦やから?)様な気がしてます。
Jコール退場なんていつの話だってくらい過去のことの様に思える。

そんなJコールに蟹ばさみされて、あわや...と心配されたコシェルニーがなかなか良かったです。
いんじゃないフェル様とのコンビネーション。と思います。
失点は彼らとはまた別の所で起きたミスやったし。
本と落ち着いてました。
こりゃ期待出来る...けど、いきなりのレッド(無実)で次いつ拝めるのやら...なのです。
そしてCB足りない。もう知らね。

気のせいかしら、サニャとクリシがやや攻撃面で一皮剥けた感が。
プレシーズンだけなんかしらんと思ってた、ごめんなさい。
フェル様は相変わらずの活躍ぶり。
この人怪我したら...と想像するだけでゾワッとします。でももうすでに彼しかいないっていう状況...知らん。

ところでアーセナルのGKって、セットプレーでボールキャッチしたらいかんってことになってるのかしら...にしてもボールと自分との距離感すら狂い過ぎじゃなーい?とGKの愚痴はさておき。さておき...頑張れアルムニア。No1GK。


攻撃は...解説でもしつこく言われてたけど、最後が粗い。
「アーセナルらしくない」とか言われてたけど、セスクやロビンのいないガナならこんなもんですよね、前から。
でもそうじゃいかん!と思うので、もうちょい丁寧に。そして自分で決めたるっちゅう「強烈な意識」が必要では。と毎回こういう試合では思うことやけど。
だって何だかフェル様には、毎試合そういう強烈な意思を感じるんですもの。
後ろにそんな強烈な人がいるんやから...と思わずにはいられないんす。
技術はあるんやろうから、それを是非発揮してほしいのね。
そういう意味じゃナスリなんかはやっぱそうゆう「意識」が芽生えて来たんじゃ...と思います。

ディアビは明らか今日地味にいい日やったよねぇと思います。
W杯で調子取り戻したんかなぁ。嬉しい。毛がなくても彼はやれる!
ウィルシャーは攻守共にちらほら若さが。
でもこれは本と致し方なしというか。これからの人ですから、彼は。
エブエは今日もダイバーとしての誇りを示していたので楽しかった。
楽しかった、って感想もどうかと思うけど。だってだって、楽しかったんす。
交代は私の中で3枚とも妥当。時間帯的にも。
流れ引き寄せてったしねぇ。じわじわと。本と徐々にやけど。
ロシツキやロビン入るとやっぱ変わるねー。縦に流れようとしますわボールが。
ふたりのワンツー突破素敵。
フェル様とクリシのミドルも素敵。
ロビンはDF背負いつつボールをキープした時、倒れにくくなったよねぇ。とあらためて。
昔はパタンパタン倒れた気がするけど、しかもその後のボールの出しどころがナイス選択、ナイスセンス!なので素晴らしいこの人。
だから、シャマクとの2トップいんじゃないか、と思うのですが。呼吸さえ合えば。どうなんのかな。
シャマクも2トップが理想っつってたしね。

ウォルコットは...多分本人は納得しないでしょうが、やっぱベントナと一緒でスーパーサブ...的存在感が。
あの速さは途中で入って来たらだいぶスパイスになるもんね、だって。
あ。FKも蹴ってた。なかなか良かった。
でもそれじゃいかんのでしょうな。...ここなんでしょうな、一山越えねばならんのは。

シャビンはいつ頃からか、パッとしない日が多くなって来たのが気になる。
同じとこなんか記憶ないけど、やっぱ怪我の影響なんかなーあとやっぱ丸い。でも加入時も丸かろうがパッとしてたもんなぁ。
ボールの納まらなさ、周りとの呼吸の合わなさに拍車がかかって来た様な。
これもきっと怪我のせい。と思うことにしよう。

シャマクは、今日は何とも言えない、というかほぼ潰されてたしなぁ。
でもガナは潰される試合多いからね...そうも言ってられんので、また次の試合に活かしてほしい...けどボールも大していいの入ってなので本と何とも言えないす。


ま、ここに不服を述べた方々もセスクが入れば、水を得た魚の様に活き活きとし始めますので、やっぱセスクはすげーなって話に戻ってしまうのです。
がしかし、ずっとセスクがいるわけじゃないので。ロビンやらフェル様も毎回いませんよ。
だから宜しく頼みます。ってことです。



今シーズンはアンフィールドからドロースタート。
まぁまぁよね。
早速怪我人やらで人が足りないという呪いからのスタートですが、やっぱレイナのあの落ち込み方を見ると、うっかり笑いが...やっぱ私、性悪みたいです。
さ、ここからまた楽しいシーズンが始まったーってことで、グナの皆様乾杯。

拍手する
posted by iruyak at 2010-08-16 04:01 | Comment(2) | TrackBack(0) |  ≫ arsenal

残留宣言にぬかりなし。





公式でやっと残留宣言頂きました。
一件落着。
泣いたり笑ったり、長かったなぁ...


ともかく。
アーセナルもセスク自身も、間違いなく「正しい決断」をしたと思っています。
これ、私がガナ好きとか抜きで、マジに。
今夏もし遠い異国の勧誘倶楽部に移籍しちゃってたら、彼の今シーズン(もしかしたら、2シーズン以上)は終わったも同然と思っていたので、本とに良かった。
これでひとりの素晴らしい才能が救われた、ということです。
おめでとう!

そして何よりあのセスクのスッキリした顔よ。
赤のシャツもよう似合てるわ。
あの表情よ、ええ。
あれを待ってたと言っても過言じゃないです。
見事に表情に出るタイプなので、あの顔には「残留宣言にぬかりなし。」がよく表れてます。
良かった良かった。
彼がハッピーなら問題なーし。


というわけで。
またこれからも、ナルシスト勧誘倶楽部の面白味に欠ける小言が続くことを考えると気が遠くなるわけですが、なるべくスペインサッカーと関わらぬ様気を付けて、また今シーズンも頑張って応援してゆこうと考えてる次第であります。

拍手する
posted by iruyak at 2010-08-07 00:12 | Comment(4) | TrackBack(0) |  ≫ arsenal

セスクにまつわるグーナーのガナ愛。


何でもいいけど、この一連のセスク問題でアーセナルに対する世間の目が悲しい。
世間の目なんてどうでもいいけど、向けられてるのは私じゃなくて、愛するチームやボス、または私以外のガナファンやからねぇ。
何とも言えないす。

「嫌がるセスクを無理矢理引き止め、しつこいアーセナル。」
「ただ単に、セスクが連れて行かれるんじゃないかと躍起になって怒り狂うファン。」みたいな。

まー中にはそうゆうファンもいると思うけど。


私が思うに多くのガナファンが何に怒り狂ってるのかって、まずは「バルサのアーセナルに対する敬意のなさ」。よね。

自分の愛するチームを下に見る失礼極まりない行為や侮辱。
そらキレるわさ。
セスクどうの以前の問題です。
ファン同士の罵り合いならまだしも、同じ土壌にいる本来なら尊敬し合うべき立場ですから。
しかも、現にバルサはアーセナルを「尊敬している」とか公の場で発言してるので、ますます矛盾です。
そして実際、ガナのボスはその行為に関してバルサにお手紙を出してます。
手紙書くくらいなのだからよっぽどです。


次に「セスクの板挟み状態」について。

バルサは「セスクが戻りたいって言ってんだから!」の一心で残念な行動、発言を次々と犯して来ましたけど。
小学生の群れの奪い合いか。
プロでしょうよ。
まず、「セスクは現在アーセナルの契約下にいる選手」ですから。

「だってバルサのカンテラ育ちだぞ!」
はい、知ってます。
だから、「セスクは現在アーセナルの契約下にいる選手」ですから。

育ちがバルサだからといって何でもしていいのか。そんな決まり聞いたことない。

で、勘違いしてほしくないのがガナファンの多くが「いつかバルサに帰ってしまうんだろうな...」というのを理解しつつ彼を応援してるということ。
そしてそれでもアーセナルを愛してるといい、チームに尽くして来てくれた彼が「出て行きたい」というのなら、それ致し方なし。
と思ってるファンが意外に多いということ。

それから。

うちのボスはこっちが「甘過ぎる!」と思うくらい選手の考えは尊重しまっせ。ってこと。
そりゃ契約下ですから「1年くらい我慢せい!」と説得はするわよ。てか契約してんですからそれくらいの権限はあるでしょうよ。
でも本気で気持ち離れた選手に対しては基本あっさり手放します。
セスクだからといって「特別」。それはないと思います。

忘れないでほしいのが、セスク自身ボスからのキャプテンの打診を喜んで受けたということ。
しかもそれは2年以内の話。
そして、今年の春までは確実にアーセナルに心がありました。彼の行動や発言をもって、それは確信しています。
そしてこれらは、彼をずっと見て来たファンにしか分からないということ。
どこかのチーム、選手を熱心に応援したことのある人なら理解出来るはず。

「それはファンの妄想だろ」という人がいる。
はい、妄想ですけど何か。
「こんな体験したことあんですか」とその人に言いたい。
「本気で何かを信じた事あんのか」と。
動物と暮らしたことのない人が、「動物の思うことを理解出来るわけない。」と言うのと同じ、と思っています。
やったことないことを、あーだこーだ言うなということです。

話は戻って。
例えばセスクがW杯前に、「出て行きたい」とボスに懇願していたとしても、ボスが1年くらい引き止めるのは理解出来る。
だって「セスクは現在アーセナルの契約下にいる選手」ですから。
その代わり、きっと1年後にはバルサに移籍させると思う。
「出て行きたい」って言ってたらね。

でももし、その後も残りの契約を全うする、もしくは契約を延長する、としたら。
絶対それはセスクの意思。という自信があります。

何度もいいますが、これはこのチームと彼の行動や発言を今まで見続けて来た「ファンにしか理解出来ない妄想」です。


それとここ最近本当に理解不能なのが、バルサの選手の悪のり行動と発言です。

「セスクがバルサに戻りたいって言ってんだ!」
「セスクは今季移籍するぞ!」
はい。百歩譲ってそれが事実だとしよう。で移籍も決まりました。
良かったねー念願のセスクとのプレー。楽しんでねー。

が。この発言には疑問符が付く。
「セスクは友人なんだ!」

ガナファンには色んな人間がいますから、今回バルサやバルサの選手が公の場で自由気ままにやって来たお陰で、セスクから気持ちが離れたファンが多くいると思います。
セスクがアーセナルに来てから長い間、彼が努力し積み上げて来た地位、名誉、信頼、絆。
結構な勢いで壊してるの分かる?

「バルサに来るんだからいいじゃない!」

おいおいマジか「友人達」よ。
少なくとも私の周りの「友人」と呼べる人たちはそんなデリカシーのかけらも無い行動を取る奴はいないし、私もそんな彼らを「友人」と信じてます。

これはバルサ流友情論と私風友情論の相違なのかしら。



何を言いたいかと言うと。

チームやファンの多くは「アーセナル」を愛してるのであり、世間が思う程セスク引き止めに躍起になってないということ。
何年の歴史と誇りがあると思ってんですか。
ただその「アーセナル」を愛して、「チームの為に働いてくれたセスク」を愛してるのであり、彼が出て行くのなら彼の幸せを願い送り出す。
そのかわりほとんどのガナファンは「バルサのセスク」には興味ありません。
でも「アーセナルのセスク」には感謝し続けます。ってこと。

特に「アーセナル」や「アーセナルの選手」を傷つけるやつは容赦しません。

だからバルサ及びバルサの選手はどうかお願いです。
「黙って下さい。」


...そこをねじ込んで、幼児誘拐!セスクを返せ!これ以上セスクを苦しめるな!諦めろ!とか...はぁ。
誘拐の意味分かってんのかと。


ちなみにここは強調します。
この私の見解は「多くの」ガナファンに関することであり、他にも色んなガナファンがいるよってこともお忘れなく。

ブログが炎上しようがいい。
ここは「アーセナル」を愛してやまない奴のブログなんじゃ。
「ガナ愛」を語って何が悪い!

拍手する
posted by iruyak at 2010-07-13 17:05 | Comment(16) | TrackBack(0) |  ≫ arsenal

わくわく10/11シーズン





着てないのに着てる風にするデジタルの力ってすげーなー。
とか思いつつ。
出ました、ニューアウェイキット。
感想、よくも悪くもない。みたいな。
選手が着るとよく見えるんですけど、単体で見るとそのからし色とあずき色に違和感。
ま、いいけどね。
個人的には気を取り直して、ホームキットに期待。


というわけで、10/11シーズンはアンフィールドにて、からしあずきユニで開幕。
先程10/11シーズンの試合日程が発表されましたーー
ついについに。待ってました。
見た所、昨シーズンの様な「は?」という様な無茶連戦は無さげ。
大変そうなのしいて言うなら11月、12月。CLによっては4月、かなー。
なんて、妄想が広がってゆきます。

あーでも、アンフィールドでは3rdユニかしら...リバポの赤とあずきがかぶっちゃうかも。


いやーやっぱこうやって日程やらユニの発表が始まると、ワクワク感が増しますな。
色々解決出来てないこと山済みですが、ボスもアフリカで元気に働いてますので、期待する!
8月14日の開幕が鼻血出そうなくらい楽しみです。



さて大事な大事な選手達。
ガナの何人かは只今南アフリカで頑張ってますが、とりあえず皆第1戦目は一通り終えました。
ギャラスが怪我の為次の試合が微妙みたいですが、他の出場選手は無事の様。
ソング、セスク、クリシーはベンチみたいで、特にソングの先発落ちが意味不明!と今だ怒る日々ですが、皆無事に出場機会があるといいなぁと思います。

私は引き続きオランダ応援で突き進みたいと思います。
なので、日本戦は完全なる非国民に。またデンマーク戦で日本も見守り応援しますので、お許しを。

ま、なにはともあれガナが元気に活躍出来ます様に!
引き続きご無事でーー





↑ W杯のオフィシャルポートレイト。
ツイッターで意外に好評(って集めただけです。)だったのでコチラにも貼付けておきます。また壁紙にでも。
私は期間中、携帯の壁紙にしとります。安全祈願も込めて!

拍手する
posted by iruyak at 2010-06-17 18:25 | Comment(2) | TrackBack(0) |  ≫ arsenal

移籍のあれこれ。私、オランダ人になります。





てな感じで、セスク移籍問題が勃発してから初めて公式で「断固拒否」が発表されました。
てかバルサ、あんだけ騒いでたのに今頃正式オファー?と思いましたが、アーセナル側が「ぁあん?」とばかりにバッサリと。

まぁ、これで絶対移籍なし!ってなったわけじゃないし、セスク自身の否定コメントがないので、どうなんやろ...モヤモヤ...ですが、セスク本人が「ボスと素晴らしい話し合いをした。すべてはボス次第。」って言ってましたので、これが事実。これから公式で発表されることが全て。そしてその決断は正しい。とボスを信じて、今後を見守りたいなと。
だから今現在の私の心境としては、とてもポジティブ。
大丈夫、ボスがいるもーんてなもんです。
だから微妙に気になってんのはボスの契約延長だったりします。

とにかく。アーセナルにとって正しい決断であれば、良し!



ではその他移籍のあれこれ。

メリダ移籍しちゃいましたねぇ。
残念...でもきっと彼にとっては間違いのない決断だったと思うので、アトレティコでの活躍を祈りたいと思います。
「この移籍は夢だった」と聞いた時は悲しい、寂しい気持ちになったわよ...メリダ。

その他ギャラス、キャンベルの今後が不透明だったり...あ、シルさんも!
レジェンド達の進路も色々噂あったり。
何よりガナの補強はどうなってんだ!っていう。色んな噂ありますけどねぇ、どれも嘘くさいものばかりでやや不安になります。
まぁCBが入って来るのは確実(よね?)と思いますけど、昨シーズン問題になったGKもねぇ...どうなるやら。
今回イングランド代表からウォルコットが落選で、ガナのイングランド代表ゼロ!を受けて、イングランド人の補強も期待したりしてます...ジョーハートとか淡い希望を持ったり。
この夏は何かとある様な予感。

そしてシャマクに続いて、朗報!
ラムジーの契約更新!これはこれは素晴らしいニュース。
この契約更新がまた、リハビリ中のラムジーの力になればいいなぁと思います。てかなる!




さて。
セスクもW杯に集中するって言ってるし、ボスもそれを推進してるし、ガナは一旦置いといて(実際は全然置けないので、結局心はいつもグーナー)。
私もW杯を迎えるにあたり、オランダ人(のグーナー)に変身したいと思います。

また、今後はオランダ代表のことを更新するかもです。
基本はtwitterで呟いてますが、多分大会が始まれば興奮して...です。
ここにいらっしゃるガナファンの方、ご了承下さい。

ではでは。
オランダ代表の優勝、ガナの無事をお祈りして。



拍手する
posted by iruyak at 2010-06-03 23:13 | Comment(7) | TrackBack(0) |  ≫ arsenal

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。