09/10 最終節。1ヶ月分の毒吐きます。



 最終節

 アーセナル vs フルアム
      4−0




(やや毒を吐くので、この試合、気分の良かった方は読まない方がいいです。)



さて。
09/10シーズンも終わりを迎えてしまい、W杯があると言えどガナは別腹ですので寂しい限り。
そして最近絶不調だったガナは最終節を無失点の大勝利で幕を下ろすことが出来ました。
とりあえず、一安心。


が、しかし。
毒吐きます。
今日のフルアムを見れば、あったり前田の結果です。
てかむしろもっと点を(自分たちの力で)取ってほしかった!ってのが正直な所。
あと後半ダレて、また失点しそうになってるのも、運良く免れた感が否めず。
でも1ヶ月以上勝ちがなかったことを思えば...良かったことは良かった。っていう複雑な心境です。
手放しにわーいわーい勝ったー!とはなれず。
ひとまず良かった...という感じです。


とにかくバルサに負けてからの影響が長かった...
来シーズンに向けて、守備は言わずもがな改善の必要があるし、あと怪我人を出さない様祈る!ってのもあるけど、またまた浮き彫りになった精神面での未熟さ、です。
これです。
インテル戦の敗北、バイヤン戦の敗北を乗越えたチェルシーとマンUとの決定的な違い。
正直バルサ戦後のガナは、怪我人が半端ない数に膨れ上がったと言えど、え、ラムジーどうのはどうなったのか、キャプテンの体張った頑張りは何だったのか、と怒りすら覚える不振ぶり。
GKが原因だ!という意見もあるけど、それだけとは思えないし、
始めは、いやいやそれでもやっぱ怪我人多いしねーと思ってたけど、バルサ戦後の戦いぶりを見てるとどうもそれだけでもない。
怪我人続出で、技術的に落ちてるからそう見えるのかしら。
いやいや格下チームでも、気持ち入ってる時は、技術どうのじゃカバー出来ない何か凄いパワーを感じますけど。
あのパワーを何で出せないのか。
確かにフルアム戦、ここ最近より俄然内容も良かったです。でも正直、心ここに有らずのチームをホームで圧倒したとて、うーん。
やっぱり来シーズンのスタートを見ない限り納得いかない。

来シーズン。
例えば怪我人が出まくったとて、何かショックな敗北があったとて、弱小チームがビックチームを破る時の様な、相手を(技術云々じゃなくて、気持ちで)圧倒する試合を見たいです。
美しいサッカーだけじゃやっぱ勝てないし、美しいサッカープラスでいくらでも気持ち出せるでしょうに。
てか現に、一部の選手は実践出来てるし。
チーム内に立派なお手本がいるので、しっかりそれがチーム内に浸透してほしいです、来シーズンこそは。


というわけで。
個人的ブログなので言いたいこと言ってスッキリさせて頂きました。
気分を害した方がいたらごめんなさい。
でも来シーズンが本気の正念場の様な気がして仕方ないので、届かぬ思いを吐かせて頂きました。


期待してます。
今シーズン、前評判なんてクソ食らえってのを証明してくれたし、ギリギリまで色んな夢も見させてもらったし。
昨シーズンより1個順位を上げて、大成長です。
来シーズンはあと2つ順位を上げて、キャプテンがトロフィー掲げる!よし!

というわけで、ガナファンの皆々様、お疲れした!

拍手する
posted by iruyak at 2010-05-11 02:06 | Comment(4) | TrackBack(0) |  ≫ arsenal

思えば遠くへ来たもんだ ロンドン A


ロンドンの旅。
何やかんやでメインはこれです。



はいエミレーツ。初めまして、こんにちわ。


計4回。
11日間、ロンドンに滞在する間にエミレーツ訪れた回数です。
内2回は用事って用事もなく。ただ何となく。
あーでも1回はお別れの挨拶って用事があったかなぁ。(気持ち悪い)

とにかく。
宿からバス1本でふわーっと行ける距離だったので、思わず行ってしまう。のです。



今回行った試合は、1年前からここで公言してました通り4月24日のシティ戦でした。

初日(試合当日)はとにかくほわーっとしてました。
コラ!しっかりせい!とあの時の自分に言いたくなるくらい、ふわふわしてました。
何せ、自分がここにいることが不自然で仕方ないといいますか。
生だけど、テレビみたい。みたいな。
「信じられない」「まさか」「夢みたい」って言葉では伝わりきれんくらい、とにかく地に足が着かなかったんです。はい。

私の気持ちはさて置き。



とにかくウロウロしました。
グッズショップは混んでたんで、後日にまわして。

馬がいたり。
スタジアムの周りはガヤガヤ。
駅から歩いてても色々グッズ販売やら、何やらが。

必然的にワクワクしてきます、これ。



グッズショップ前のガヤガヤ。



スタジアムの周りはいつでも来れるかーと思い、とりあえず中へ。



壁に写真やら何やら。
売店やら、テレビやら。
皆思い思いに試合前の一時を楽しみつつ。



ぐるっと散策してたら、壁に何人かの選手のメッセージが。
エミレーツが出来てからの新加入選手っぽいけど。



ラムジー。かわいい顔して字もかわいい。




話題のシャビン。グーナーなんですね。




フェル様。顔に似合わず、字がふやけてる。



アッパー席に行くのにまぁまぁ階段上りました。



でもデカいだけあって上からの眺めも良い。
あ。馬。



そしてついに。



どどん。

これがゴール裏アッパー席です。

遠い...と思いきや、めちゃくちゃ見やすかったです。
どこで観ても面白いんやろうけど、ここで観ても全然面白い。
全体が見渡せて、やっぱ席の値段が高いだけありました。

例えばこっち側が自陣で攻めになった時、上がれー上がれー。の感覚が本とに上がってく感じに見えるというか、こっちが押し上げてる感覚になるので、面白ーい、と思って観てたんですけど、この感じ伝わりますでしょうか...


トラック付きの競技場に馴れてる私には、意外にスタジアムの中がコンパクトに感じました。
だから、ピッチまでが近く感じる。
でも、コンパクトに見えるのは中だけ。やっぱこのスタジアム自体はデカい。
だいぶウロウロしましたけど、途中でしんどくなるくらい。
目だけはギラギラしてましたけど。



選手紹介



ロビン人気、神級。もちろんソングも急上昇です。



試合自体はスコアレスドロー。

1点くらい観たかった...
までもロビンのFKも観れたし。
多分テレビで観たら、つまらんくらいの試合やったんでしょうけど、生で観た(しかも初)私はデバへのブーも相まってお祭り気分。

後半、デバとエブエとベラが同時にアップを始めた時、交互にこっち側に走って来るもんだから、デバにはブーと、ガナ組には声援とが交互に出てて、デバとガナ組が同時にこっちへ向かって来た時には、ブーと声援どっち?ってなってんのが楽しかったし、
その間こっちサイドの人は試合に集中出来ず、皆でアップを眺めるみたいな、変な雰囲気になってたのが笑えました。

デバがやたらガナとスキンシップをしようする様に少々イラっとしつつ。
試合以外にも興味が湧いてしまう、流石生観戦。

と思いつつ。
試合中、興奮して立ち上がるのもややフライング気味になったり。
まぁまぁ試合に入り込み、入り込み過ぎた為自分を見失うことしばしば。
思わず外人っぽい身振りをしてしまったり。



でもふと周りを見渡してみれば、やっぱ皆さん前のめりですね。いいなぁ、やっぱこういう雰囲気。


つーわけで、私のデジカメでは選手を撮るのは不可能。
すいません。雰囲気だけー

ボスなんて、こっちサイドまで来ないから、豆。
あ、立った。座った。程度。
デバが2つくくりしてるのはハッキリくっきり見えました。
あと、ヴィエラが意外に小さく見えた。もっとデカいのかと思ってました。

私は視力が異常に良くて、「2.0以上あるよ」と医者にも太鼓判を押されてるので、肉眼では色々間近で観れた感覚があるんですけど。
カメラには流石に写ってなかった...



試合終了後、ツイッターで知り合ったロンドン在住のグーナー猿さんと初対面。
男と思われてた様で。女っす!

ロンドンに来る前も色々心配して下さったり、ロンドンに来た後も試合の後日、猿さんと、猿さんの奥さんにご飯をごちそうになったりして、本とありがとうございました。

しかもまた別の日に、中華街で偶然遭遇っていう。本と凄い。
またご一緒出来たらと思います!



で。

さて帰ろうかなーとした所に選手を出待ちしてるファン(女子というより、男子と子供の比率のが高いのが面白い)に遭遇。
ちょっと混ざってみる。
てか出待ちというより、覗き?駐車場を。

したらソング発見。
その後も、両チーム合わせてアフリカ系が集合。あとクリシー、サニャ。
皆それぞれ雑談してる模様。
そこにファンも声をかける。

ソングはいちいちファンの呼びかけに答えてました。
いい奴...ますますファンになったぞ。
こん時もデバは野次られてました。しかも子供に。



ちっちゃいソング。もちろん私の肉眼ではくっきりと。


こうして私の初エミレーツは幕を閉じました。涙。



2日後、またスタジアムツアーでエミレーツを訪れるんですが、その記録はとりあえずまた後で。
「多分」更新します。の予定です。

長々読んで頂きありがとうございました。

ではまたーーー
エミレーツの夜と共に。



拍手する
posted by iruyak at 2010-05-07 09:41 | Comment(10) | TrackBack(0) |  ≫ arsenal

いい夢見たぜ09/10


 アーセナル vs
     トッテナム・ホットスパー
       1-2


まだ終わってませんが、そりゃ総括もしたくなります。
なので勝手に言いたい放題のポジティブ総括。
だって私のブログだからぁ!
(まだ終わってなぁい!って方は読まないで下さい。腹立つかも。)



もちろん。
優勝を本気で切望してたし、今回の敗戦で限りなく優勝が遠のいたことに失望してるけど。
でも今後への希望一切消えてないです。
むしろ、ここまでよく耐えて優勝争いに絡み続けた。
この怪我人の数。
ローテーションも組めず、連戦続きの選手が疲れ、また怪我。
誰かが復帰すればまた怪我。完全に悪いサイクル。
決定力も徐々に落ちてく中、それでも気持ちで諦めず、残り10分で点を決めた数がプレミア最多。
とにかくギリッギリの中、残り5試合でまだ優勝争いしてたって、評価に値すんじゃないでしょうか。
いくらチェルシーやユナイテッドでも、こんだけの怪我人が出たら失速するっての。
ルーニー1人の離脱であれだけ失速してんですから。

またここ数年のサイクルか...(主力の引き抜き、怪我、失速)と悲観する人も多い様ですが、そうかなぁ。
確かに例年のサイクルにまんまとはまったけど、それでも確実に成長してますよと。
ラムジーが怪我をした、あの最大のピンチを乗越えたのはやっぱり大きいと思うし、そっから気持ちで負けなかったチームの成長はどデカイ。
しかもアーセナル5カ年計画のまだ途上よね。なので計画的には来年が正念場なはず。
無冠が長いからえらいブツブツ言われてるけど、そうか?この計画で今失望するのは早過ぎんかと。理由あっての計画あっての無冠ですよと。
着実な道を歩んでる。
スタジアム移転から大改革で、確実に太い根をはってる。

主力の流出も、うーん。
確かに厳しい時期(特にフラミ二、フレブ後)もあったけど、士気のことやその分得た選手(シャビン、フェルマーレン)を考えたら、ヴェンゲルの決断は間違ってなかったと思います。
だって出てった選手は皆、隣の芝が青いと思った選手ばかり。
そんな選手は遅かれ早かれこの壮大なプロジェクトに根を上げて出てってるやろうし。
確かに来シーズンに向けての補強は必須ですが。(特に守備系、あとギャラスとキャンベルの契約延長!シルベストル...他の選手の話ではいい人だと思うので、けなすのは心が痛い...ので、もう少し順位が下のチームでの活躍を期待します、応援します。)
ボスにはこれまでの慎重なスタンス、今のチームを崩さない選手選びは変えずに賢い補強を期待しますし、そんなことより怪我対策を。と切に願います。
今シーズンはCLのプレーオフ始まりだったので、後半の失速は危惧されてたしそのまま現実になったけど、来シーズンはプレーオフもないし、多分コンディション作りもしやすいはず(W杯メンバー以外)。
なので「まだ」ましにはなるじゃないのかなーとポジティブに考えてます。
なんせ華奢な選手多いですから、怪我人激減は...難しいのか。

というわけで、何とかポジティブにファンとして頑張っていく為に、言いたいことブツブツ書かせて頂きました。
でも本とに!そんなネガティブな流れか?と思うのです。
今シーズンは...ですけど。

しかも私24日のシティ戦を、ロンドンまで生で観に行くことになりましたので、優勝戦線離脱、セスク、フェル様、ギャラスの離脱。ソング、シャビンの微妙な状況...は大金はたいてまでロンドンに出向く私としてはこの上ないショックなんです。
オランイエとクロアチアのファンである私にとって、ロビンとエドゥアルド(ついでにデヨング)を拝めるのが救い...
いやいや、なんだかんだ言っても生で観戦に行けるのは幸せ!なんですけど。今のメンツでも正直文句なし。
ただ御ひいきの選手ってのはやっぱいますので...わがまま言うなら、ソングはせめて復帰してぇぇぇえ!
ということで、何故かちょっとテンション上がって来ました。


とにかく。
ウィガン戦も引き続き、来季のタイトルへ向けて応援し続けるのみ!なんです。
ガナファンの方、めげずに頑張りましょうね。

拍手する
posted by iruyak at 2010-04-15 16:40 | Comment(4) | TrackBack(0) |  ≫ arsenal

膨張ガナ愛


 チャンピオンズリーグ 09/10
 準々決勝 2ndleg
 
 アーセナル vs バルセロナ
      1−4


私にはこの1点が眩しくて仕方ないです。



いい顔してる。よく頑張った。

悔しいは悔しいです。
特に悔しいのは、1stlegで死力を尽くしたキャプテンが決勝の舞台に立てないこと、かな。
あとガナ批判、もしくはバルサ勝利を予想した頭の固い大人たちをギャフンと言わせたかった。あ、でもこれはまだまだ。PLがあるのでお預け。
正直ソングの欠場が決まった時点で、大量失点で負けるってのはある程度覚悟してたかもです。すいません。
でも最近奇跡が多かったので期待もやんわり持ちつつ。

試合はあんまり直視出来ませんでした。
なんやかんやで悔しくて、悲しくて。

でも、何故だかガナ愛がじわーっと。
あのバルサ相手に自分達の戦い方を変えなかったボスの強い意志と誇りと選手の頑張りが、私のガナ愛を大きくさせたと言いますか。
圧倒されまくってましたし、メッシも凄いけど、全然私にはアーセナルのが魅力的なんです。

今回の対戦を機にまた成長すればいい。
私は忘れてたんですが、バルサも99年から04年まで無冠やったんですねー(twitter情報)。うちも05年から無冠なので、こら明るいぞ未来。
PLもまだまだ優勝争いの真っただ中。
気持ちの切り替えがポイントになると思うので、これはこれ。あれはあれ。
大丈夫。まだまだです。

それよりも怪我人が出てないか心配。
やし、無冠で終わるか終わらないかが、そこにかかってるのが嫌。
何度も言うけど、何とかならんのかなこの問題。
ナスリは大丈夫かな。
ソングは復帰出来るんかな。
CLは敗退したけど、止まらない心配。
まだまだお疲れーじゃないからね。終わってないからね。

拍手する
posted by iruyak at 2010-04-07 06:58 | Comment(2) | TrackBack(0) |  ≫ arsenal

心臓と脳に悪過ぎて、ウルブス戦。


はい。その内、身体壊しますこれ。
これ以上勘弁して下さいと言ったのに...
もう止めてーこれ以上ドラマチックは止めてー。
普通に勝ってー。悲鳴。




 アーセナル vs
  ウォルバーハンプトン
      1−0



やややや。
最近のガナは残り10分に強いので、くじけそうになりましたけど「諦めない諦めない」と唱えながら観てました。
それでも残り2分を切った時には流石に頭の中で今シーズンのハイライトが走馬灯の様に流れ始めて、感傷的な気分になった...と思いきやドーン。
やってくれましたベントナ。
もう何が何だか分からん気分になってたので、終わった後何回かそのシーン見直してみると、落ち着いてるわ皆。
後半は精度の低いクロスに終始してたウォルコットも落ち着いてサニャに下げ、これまた精度の低いクロスに終始してたサニャが落ち着いていいクロスあげちゃって、そしたらベントナも落ち着いて右角にどどーんとヘッド。
ややや。
やー素晴らしい。
外すだけ外して、止められるだけ止められて、0-0で迎えたロスタイム4分にドーンって。言葉ないです。
何か付いてる今季のガナは!としか言いようがないです。


ユナイテッドとチェルシーの天王山は、チェルシーが勝ちましたことにより、首位まで勝ち点3!またもじわりじわりと詰め寄る形で優勝戦線に踏みとどまっております。
ガナが一番日程的に楽やと言われて来ましたが、残りの試合見る限り3チームとも厳しさ変わらず、横一線な感じです。
だからこの時点での勝ち点3差は、完全に1歩出遅れての残り5戦やし、この後の負けは完全に命取りになるので(てかずっと負けは命取りやけど!)、全勝全勝全勝!で。おし!
次のリーグ戦は天敵スパーズ。
優勝争いだろうが何だろうが、負けてられんです。
しかも、あちらさんの都合のお陰でバルサ戦から1週間空きます。これはきっと天の恵み。だから絶対負けれんのです!
ただし、バルサに勝ったらその後のスケジュールが末恐ろしい。
どうなんの!CB!
山場続くなぁ...



では癒しに、今夜の心のショットを。



この2人の抱擁を久々に見れたことがめちゃくちゃ嬉しい。
もっともっとこんなシーンがいっぱい見れますよーに。

そしてそんな名シーンにも写り込むスター・エブエ。
今日は駄目駄目な日やったけど、次期待してまっせ。

拍手する
posted by iruyak at 2010-04-04 04:17 | Comment(4) | TrackBack(0) |  ≫ arsenal

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。